個人・会社・中小企業・起業家のためのキャリアデザイン・成長コーチ・コンサルタントはルミックスへ

マーケティングメニューへ戻る

マーケティングは一日あれば学べる。        
        しかし、使いこなすには一生かかる。

by. フィリップ・コトラー [経営学者]

 

そもそも、「マーケティング」とは何なのでしょう?


「マーケティング」とは・・・



本やインターネット上で調べると、数多くのことが書かれています。
『マーケティングの種類ってこんなにあるの?』
と思われるくらい、○○マーケティングというものが存在(?)します。

 

○○マーケティングというものは、全て戦術です。

 

ですから、先ず基本(ベース)を把握しておくことをおススメします。
基本があっての戦術ですからね。


では、「マーケティング」とは・・・・

 

実は、日本と海外の「マーケティング」の定義、解釈は様々です。
参考として、「日本マーケティング協会」による定義です。

マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合的活動である。

 

【解説】
企業および他の組織・・・「プロダクト

「プロダクト」は単純な商品の意ではなく、市場に売り出す”価値あるもの”です

顧客・・・「マーケット・市場

”顧客” は、売買・取引に関係する相手である法人、個人、消費者すべて対象です

(公正な)競争(相手)・・・「ライバル

同業・競合となる会社・組織または個人です

グローバルな視野・・・

海外を視野にいれることではなく、世界的立場の中で、環境・文化・社会・平和・健康・安全などを前提とするということ

顧客との相互理解・・・

顧客に対する強制はNG。逆に顧客が求めるもの全てに応えるのではなく、顧客側も上記したグローバルな視野を踏まえるということ(違法的・脱法的なプロダクト発注は当然NG)

公正な競争・・・・・・

ライバルと競争するにしても、不正・違法はNGです。例えば、独占禁止法違反とか談合入札とか。増税時に話題になった下請けに対する価格転嫁も競争原理を崩す因子でしょう。

 

そして、市場創造のための総合的活動が
マーケティング」になるわけです。

 

 

ということで、簡単に下図で(個人的解釈で)説明します。

 

定義,マーケティング,プロダクト,マーケット,ライバル


別ページの「マーケティングの全体像」では、
マーケット」と「プロダクト」のみで説明しました。

 

<参考図>
マーケティング



その続編になるのですが、
前図を見て頂くと分かるように、「ライバル」の出現です。
ビジネスにおける市場では、常にライバル的他者が存在しますので、
当然意識する必要があります。



「マーケット」と「プロダクト」の重なる箇所が、ビジネスになります。
しかし、「ライバル」が存在しますので、
ライバルとは重ならないポイントを探し出す必要があるわけです。

 

【参考】
この「マーケット」「プロダクト」「ライバル」は、企業的観点からすると「マーケティングの3C」に該当するものです。
3C」とは、「Customer(顧客)」「Company(自社)」「Competitor(競合相手)」です。
この「3C」は、リサーチ・分析するカテゴリーとして利用されます。



その総合的活動が「マーケティング」であると、
日本マーケティング協会は定義付けしているわけです。


その”総合的活動” というものが、下図になるということです。

マーケティング,全体像,基本ベース



マーケット・市場へ売り出す前に、やるべきプロセスが複数あるということです。


ついでに、AMA(米国マーケティング協会)の定義(2007年)は、

マーケティングとは、顧客、依頼人、パートナー、社会全体にとって価値のある提供物を創造・伝達・配達・交換するための活動であり、一連の制度、そしてプロセスである。

 

こちらの方が理解しやすいですね(笑)


同じように、「一連の制度、プロセス」としているので、
「マーケティング」とは、一つのことを指しているのではなく、
複数のプロセス、タクトが互いに繋がっている複合的なことだということです。

 

以前は、「マーケティングとは、リサーチだ」とか、
「マーケティングとは、PR宣伝である」とか、最近では、
「マーケティングとは、ブランディングだ」とか、
一つのプロセス、タクトを強調している業界、人たちもいました。
未だに、そう思っている方々もいるのは事実です。


では、「マーケティングとは?」と聞かれた時に、
協会の定義を丸暗記して答えるのでは、理解しているのか、していないのか・・・。

 

ということで、敢えて私は、

 

「マーケティング」とは、
ビジネスとして儲かり続けるための
プロセス(仕組み)作りである。

 

とさせて頂きます。

 

その仕組み作りで基本となるのが、下図の考え方ですが、

 

マーケティング,プロダクト,マーケット,ライバル


「マーケット」と「プロダクト」と「ライバル」の3者が重なる部分は、
ライバルとの競争が生じていると考えることができます。
いわゆる「レッドオーシャン」と呼ばれる領域です。

 

【意味】
レッドオーシャンとは、「激戦市場」です。
ライバルとの激しい戦いが存在するマーケット・市場で、コモディティ化(一般化)してしまったプロダクトの「同質的差別化」を繰り返している”血まみれの戦い”ということ。価格競争にも陥りやすく、値下げ競争が多い市場であるため、低利益が特徴です。
(同質的差別化とは、プロダクトの要素的違いだけで、お客さんからすると、「何がどう違うの?そんなに変わんないわね!」というレベルのこと。)
ブルーオーシャンとは、「不戦市場」です。
レッドオーシャンとは違って、ライバルがいない、または少ないマーケット・市場で、付加価値の高いプロダクトが存在し、また高利益であることも特徴です。が、ブルーオーシャンであっても時が経てば、ライバル新規参入によりレッドオーシャン化してしまうことも予想されます。



それを避けるために、
ライバルとの「差異化」(差別化と区別するもの) が必要になり、
そのために初期段階に行なうプロセスとして、
セグメンテーション」「ターゲティング」などがあります。

 

【補足】
差異化」と”差別化” の区別とは、「・・・」です。
実は、”差別化”と「差異化」の使い方は、人それぞれです。
”差別化” の”差別” の単語が、ネガティブ的な差別を連想してしまうために、「差異化」を使っている人もいます。
「差異化」も”差別化”と同類で、それに対して「違い」というコトバを使っている人もいます。
ということで、個人の解釈としては、コモディティ化している”差別化” に対して違いを出すために、講座時には「差異化」(または違い)としています。
差異化」と”差別化”の区別は、「価値の転換あるいはライバルの変化が「差異化」であり、プロダクト要素の同質的差別化を”差別化”」とします。




当然、2または3者の重なる部分を先に見つけ出す必要があるので、
それが「リサーチ」となるわけです。


この「マーケティング」のプロセス(手順)を、
分かりやすく、かつフレームワーク化されたのが、
現代マーケティングの父とも言われているフィリップ・コトラー氏の
R-STP-MM(-I-C)」です。
マーケティング,R-STP-MM,リサーチ
また別ページにて解説していきます。


「マーケティング」の前に知るべきこと>>

 

問合せ

 

   ご不明な点、お問合せは、左のポストからお願いします。

 

   E-Mail; info $ rumix.biz (※$を@に替えてください。)
   担 当; 渡 辺




トップへ戻るトップへ戻る